■山中温泉の旅(石川)

■山中温泉の旅(石川)

25178012006

四季を通して山間の渓谷に、温泉宿やさまざまな見どころがあり、
色々なお店やギャラリーが集まってる楽しく飽きの来ない山中温泉。

周りの温泉街を、ちょっと足を延ばしても、色々発見ができる温泉地です。

上の写真は、山中温泉南町ゆげ街道の宵闇です。

写真は少し暗いですが、普段は照明がしてあるので明るいです。

■ゆげ街道

1175667280

ゆげ街道は、電柱が地中化されてますので、見た目もよく、
すっきりして見えて昭和の良き感じがしました。

夕暮れの温泉街は逆光の中に街灯が灯って情緒的です。
私は富士写ヶ岳の富士山を引き出すために縦長に撮りたいです。

あと、蛍光灯の青白い光ではなく黄色がかった電灯も雰囲気がいいです。 

■山中温泉マップ

鶴仙渓 川床

th

あやとりはしの近く、鶴仙渓遊歩道沿いに名物の川床が見えします。

渓谷の深い緑、清らかな水の流れの音や野鳥のさえずりがして、風雅な
ひとときがお楽しめました。

※道場六三郎レシピの「川床ロール」「冷製抹茶しるこ」が召し上がれます!

期 日 = 4月1日〜10月31日※雨天及び河川増水時は中止。
     また、6/21~6/23、9/13~9/15はメンテナンス休業
時 間 = 9:30〜16:00
料 金 = 川床セット:大人600円、小学生500円
    【席料(加賀棒茶付き)+選べる道場六三郎スイーツ
      ・・・川床ロール、冷製抹茶しるこ】
     席料のみ:大人300円、小学生200円(加賀棒茶付)
    ※山中温泉旅館組合加盟旅館宿泊者は席料100円引き
場 所 = あやとりはし袂 不動滝前
お問い合せ = 山中温泉観光協会TEL:0761-78-0330

picture_pc_b4852b8f879f1f77a5751cafaf84541b

鶴仙渓遊歩道の中心に架かる、とても目をひく紅紫色のS字橋「あやとりはし」
あやとりを模したデザインです。

4月から10月の間は、赤い番傘が目印の川床が開かれて、
おいしいお茶とスイーツでゆっくりひと休みできます。
(川床は有料)

あやとりはしから、川面をみると風情ある光景がピカ一!!

川床なんて聞くと、京都くらいしか思いつかないですが風流も完璧です。

貴重な体験をさせて頂きました。

混んでる日は少し待つけど雰囲気は最高で気になりませんでした。
子供連れでも問題ないと思います。

川面に立つ憩いの場所で、せせらぎに誘われての抹茶しるこは最高でした。

金沢旅行に来て、見ておきたいのが、山中温泉、山代温泉、片山津温泉などが
集まる加賀温泉にある「あやとり橋」「鶴仙渓」「こおろぎ橋」ですね。

松尾芭蕉が愛した場所として、知られているようですので、おススメです。

アクセス

[JR]北陸本線(米原〜金沢)の時刻表 – えきから時刻表
🚄金沢駅から加賀温泉駅までJR北陸本線の特急
(サンダーバード号など)約30分

[加賀温泉駅の右側にある2番バス停]

山中温泉行きの加賀温泉郷バスから、
山中温泉バスターミナルまで約30分

※山中温泉バスターミナルには何もないです。

徒歩約10分であやとり橋に着きます。

▼食べ物も旬の食材で美味しくて、
 温泉も最高でゆっくりできて満足できました(^^♪

 ↓  ↓  ↓

■山中温泉 花紫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です