市役所に行って引っ越しの手続きをしましょう!

ffa6c1d6820cd01d212fb5807a9b5ff0_s.jpg

一人暮らしうぃするのに必要な手続

私も会社員だったので何回か引っ越しをしてきましたが、
サラリーマンでしたので会社の方で引っ越しの手続きはやってくれました。

しかし、一般も方は自分でやら化ければいけませんよね。

そんな人のために引っ越しの手順を書いていこうと思いますので、
手続きをする参考にしてください。

市役所引っ越しの手続きはいつしたらいいの?

引っ越しには大きく分けて3つあります!

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_l.jpg

1)引っ越し前の手続き

一人暮らしを始めるには引っ越し前に必要な手続きがあります。

不動産を通して 気に入った部屋が見つかったら不動産屋に行き、

内見→入居申し込み→審査→契約の手続きを行います。

・新居の入居申し込みは期限なし

・引っ越し業者を手配は1ヶ月前

・粗大ゴミ回収に申し込む は前日まで

・住民票の転出届を提出は 当日~2週間前

・ガス利用開始申し込みは1週間前

・郵便物の転送届 は期限なし

・国民年金・健康保険住所変更は2週間以内

・銀行口座の住所変更は退去日まで

・新居のインターネット回線契約は21ヶ月前~2週間前

・スマホの契約者住所変更 退去日まで

・新聞の解約手続き 引っ越し前の1ヶ月前~前日

・住民票の転出届と印鑑証明 は 引っ越しの2週間前

・本人確認書類や保険証、印鑑

旧住所の市役所や区役所に行く必要なので忘れないようにし、
印鑑登録をしている人は印鑑登録の転出も済ませましょう。

自治体によっては、自動的に印鑑登録の転出もしてくれるので、
窓口で確認する方がいいです。

同じ市区町村で引っ越しする場合は、転居する14日前までに
転居届だけを提出してください。

新居のガス利用開始

・引っ越しの1週間前に手続き

また、ガス漏れが無いかの「開栓の立ち会い」が必要です。

前日~当日に開栓の立ち会いを済ませるようにしてください。

郵便物の転送届

転居届・本人確認書類をもって郵便局窓口やインターネットで、
郵便物の転送届を出しておきましょう。

国民年金・健康保険の住所変更

・期限 引っ越し当日から14日以内

・被保険者住所変更届・年金手帳

市役所・区役所で国民年金や健康保険の住所変更をします。

また、自営業などの場合は「被保険者住所変更届」を記入しましょう。

引っ越し業者を手配

・引っ越し業者は引っ越しの前日~1ヶ月以内

引っ越しの手続きが終わったら、引っ越し業者を手配し、
希望日までに引っ越しするのなら早めに手配しましょう。

割引とかあるかもなので不動産に来てみるのもいいですね。

今ではインターネットで見積りしてもらえるのでとても便利です。

銀行口座の住所変更

・退去日当日までに通帳や本人確認書類、届印を用意

銀行窓口や電話、郵送、インターネットで行う

銀行からの書類は口座に登録されている住所に送られるので、

住所を変更は忘れないように手続きしましょう。

スマホの契約者住所変更

・当日までに ショップやインターネットで住所変更

2)引っ越し当日の手続き

957cfa48cc65ca067d3edba11577f24e_s.jpg

・新居の鍵の受け取り 契約日~引っ越し当日

・電気や水道、ガスの開始手続きは引っ越し当日~1週間前

新居の鍵の受け取り

・契約日~引っ越し当日

不動産から引っ越し当日か管理会社から郵送される方法があります。

受け渡し方法は不動産に確認してください。

電気や水道、ガスの手続き

・当日~1週間前に郵送やインターネット

電気と水道は立ち会いが不要で電気はブレーカーを上げれば使えます。

水道はメーターボックスの水止め栓を開栓すれば使えます。

新居に備え付けられている「電気使用申込書」と「水道使用開始申込書」を
記入するか、インターネットで手続きしましょう。

ガスは事前に決めておいた日に立ち会いで手続きします。

3)引っ越し後の手続き

ff2a058e18f052883c7dbf3f158fd57a_s.jpg

・住民票の転入届 引っ越し当日から14日以内

・運転免許証の住所変更 特に無し

・車やバイクの住所変更 引っ越し当日から15日以内

・クレジットカードの住所変更 特に無し

・ダンボールの回収依頼 特に無し

住民票の転入届を提出

・引っ越し当日から14日以内

・転出届や本人確認書類、印鑑

市役所や区役所旧住所の転出届を、引っ越し先の市役所や
区役所に提出。

2週間過ぎると、5万円以下の罰金が科せられたりします。

印鑑登録をしている人は、印鑑登録の住所変更を忘れないようにしてください。

運転免許証の住所変更は、免許証や住民票などを用意して、警察署や
運転免許センターで住所変更しましょう。

車やバイクの住所変更は引っ越し当日から15日以内に住民票や車検証、
車庫証明書を用意して管轄陸運局車やバイクを持って、
新居の地域管轄陸運局で住所変更する必要があります。

クレジットカードの住所変更

クレジットカードの住所情報は、早めに引っ越した場所を電話や郵送、
カード会社のホームページから変更しましょう。

ダンボールの回収

ダンボールは、回収依頼をすれば無料~1000円くらいで引き取ってもらえます。

引っ越し屋さんに、ダンボールはどうしたら良いのか確認してみてください。

第三者に依頼する場合

「自分の代わりに手続きを依頼」をする場合は委任状が必要になりますので、
委任状を持っていく機関に確認して書きましょう。

長い文章になりましたが、おまかに書きましたので住所変更の際には、
各機関で確認しながら進めてください。

多くの皆様からご愛用!一括見積もり【引越し達人セレクト】

無料見積比較申込で引越代金が最大55%OFFに。

更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。

登録は最短1分で可能。

landing_yoyaku_tit02.png
↓ ↓ ↓


一人暮らしで困った時の解決方法