■八尾和紙(桂樹舎)の街黒部市(富山)

■八尾和紙(桂樹舎)の街黒部市(富山)

Jr富山駅から車で八号線を東に走って行くと、
古御堂の看板を右に曲がり53号線、宇奈月方面行きます。

富山市、滑川市、黒部市と行きます。

メルマガ登録・解除
初めて猫ちゃんを飼い始める方へ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

黒部の駅と桜井駅がありますが両方黒部です。
北陸新幹線で行くと黒部駅で止まります。
黒部はウルトラマン役の黒部さんの故郷です。

黒部 進(くろべ すすむ、1939年10月22日 )
本名は吉本隆志(よしもと たかし)
出身は富山県黒部市
『ウルトラマン』のハヤタ隊員役で知られてます。
『ウルトラマンティガ』では、
レナ隊員役の女優吉本多香美は長女です。

もう一つ映画黒部の太陽の撮影の場所にもなりました。

八尾和紙(桂樹舎)

富山市の伝統工芸「八尾和紙」

八尾で漉かれている和紙は「八尾和紙」と呼ばれていて、
伝統工芸品にも指定されています。

八尾和紙の特徴はなんと言っても丈夫なこと!

字を書くための紙ではなく、加工する紙として製造されました。

富山の薬売りが使用する鞄に利用されてたそうですよ!

宇奈月の温泉町には、和紙製品のお店があります。

また、八尾和紙は少し友禅和紙より固めになってます。

そこで売ってる、すずや、和紙お人形、和紙を貼った箪笥は、
よくできてました。

そこから見渡す温泉の景色も凄くよかったです。

和紙、手染めで、江戸時代より手漉き和紙の産地として
名高い富山県八尾の伝統的な技法を用いています。

漉きから染めまでを手作業で行う桂樹舎のブックカバーも人気です。

モダンでどこか懐かしい柄なので、
飽きのこないかわいらしい仕上がりです。

カラフルな和紙小物で民芸ファンに名高い富山県八尾の和紙工房
「桂樹舎」では、富山県の伝統工芸を体感できました。

このブックカバーと名刺入れも、丈夫で型崩れしにくいです。

お気に入りの本を持ち歩くのが楽しくなり、男女問わず幅広い年代の方
に喜んでいただけます。

名刺入れとしても、多くの方に人気があります。

こんなの作れます。

▼こんなのも出来ちゃいます!
   ↓  ↓  ↓

箱人形

「オシャレで可愛いので私も一つ欲しいけど、
   どれも素敵なので迷っちゃうなぁ~!」

▼楽天八尾和紙(桂樹舎)富山の薬売りが使用するカバンに利用されていた八尾和紙。
丈夫さを利用した和紙製品です。
八尾和紙(桂樹舎) 名刺入れ ひし形 紺|※包装のしメッセージカード無料対応
こんなの持っていたらみんなに羨ましがれちゃいますよね(^^♪

 ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です