冬のおすすめ家庭菜園のやり方

冬に美味しい家庭菜園始めよう



私の家は農家をしてますので、今の時期は
ほうれん草とネギを栽培してます。

初心者でも簡単に栽培できる冬の家庭菜園!

冬の時期でも野菜もいっぱいあります。

「土地がないよ」と心配してませんか?

少しのスペースでも家庭菜園できますので、
心配はいりません。

庭がない方も大丈夫!

ベランダのスペースがあれば、始められます。

もちろん、日当りは大事です。

日当りのあるないで、家庭菜園に合った野菜を
育ててください。


日光のエネルギー



野菜は、日光の光のエネルギーで光合成をし、
成長しています。

ですが、日当りが悪くても育つ野菜もあります。

あなたの環境に適した野菜を育てるようにします。

・日当りが良い野菜

野菜は日光でよく成長するのが一般的です。

春~夏に育つ野菜は、日当りの良い場所で風通しの
良い場所がいいです。

トマトやキュウリ、キャベツ、豆類、カリフラワー他

・日当りが悪い野菜

日陰に適した野菜は、秋~冬に育つ野菜です。

アスパラガス、ホウレンソウ、ネギ、セリ、サトイモ他

家庭菜園の土作り



・土の種類

家庭菜園で一般的に使われる土

1. 培養土 「野菜用の土」で作物に合った数種類の肥料の
  ブレンドしてあるので簡単にそのまま使用

2.黒土や赤土、赤玉土は、土作りのベースとなる土

3.肥料 腐葉土やたい肥、炭などは、ベースの土で、
  野菜に必要な有機物を沢山含める

・pH値

pH(ペーパー)は、酸性やアルカリ性を示す数値で、
野菜により、pH値が違ってきます。

日本は酸性の雨が降るので、家庭菜園を外で行う場合は、
土が酸性に傾いている傾向がありますので、野菜はアルカリ性を
好むため、石灰をまいたりして野菜に適したpH値にします。

家庭菜園での連作障害に注意

同じ野菜を何回も育てると、細菌が増えるので、野菜が病気に
なったりしますので、病気にかからないように、育ててる野菜が
連作障害なりやすい野菜かか調べてください。

連作障害にかかりやすい野菜でしたら、別の科の野菜を育てたり、
堆肥を加えて様々な微生物が繁殖しやすいようにしてください。

または、収穫の時に根を取り、根の周りにいる病原菌を
取り除いてください。

以上が家庭菜園を始める際に必要な土壌づくりになるので、
野菜にあった土壌を用意して育ててください。

シニアの方でも家で楽しい家庭菜園を始めてみましょう(^^♪

◆送料無料◆ 土壌と瞬時に団粒化!『EB-aエコ(20L)』
[園芸 土壌改良 家庭菜園 農業]


土壌改良・有機
土壌と瞬時に団粒化する画期的な土壌改良資材!

どんな土壌でも、野菜が生き生きと育っちゃう『EB-aエコ(20L)』

↓ ↓ ↓

一度使ったらクセになる『EB-aエコ(20L)』で家庭菜園

ベランダや室内で簡単に野菜を育てられる水耕栽培

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です