■金箔貼りの旅(金沢)

■金箔貼りの旅(金沢)

dsc00303_p

ひがし茶屋街の探索に、行ってきました。

金沢と言ったら、金箔のまちで有名です。

金沢では町家や古民家を改装した、古風を残しながらのオシャレな
雰囲気のカフェや飲食店など沢山の店が並んでいます。

内装もとても素敵で、モダンな感じになってて素敵でした。

金沢といえば【和菓子】が有名ですが、加賀棒茶を利用した珍し
「ほうじ茶パンケーキ」を古民家でいただく、パンケーキおすすめです♪

■パンケーキカフェfluffy

人気店のため、事前予約をおすすめいたします。

国内シェア9割以上を誇る金沢の金箔は、金箔や
金箔など金沢の伝統工芸品を彩ってきました。

■茶房 素心(金沢・ひがし茶屋街)

金沢金箔あぶらとり紙

金沢油とり紙 コットンうさぎ姫 150枚入
ひがし茶屋街を探索してますと、ふるや紙(あぶらとり紙)を
扱ってる店がありますので、寄ってみました。

日常の生活で使用している方は多くいらっしゃいます。

化粧をしたままで、脂や汗を吸い取ってくれる、

あぶらとり紙も大切な化粧道具の一つです。

実はあぶらとり紙は、「金箔」が関係しています。

金箔を製造する時に生まれた「あぶらとり紙(ふるや紙)」

今から1,000年以上も前に誕生しました。

金箔は、純金にわずかな銀と銅を加えた合金が、

「金箔打紙」と呼ばれてて、繰り返し打ち延ばして

作っています。

その繰り返しによって、脂分をとても吸収しやすくなり、

あぶらとり紙として使用されるようになったのです。

■金沢旅物語

芸者さんの化粧直しに使われた金箔あぶらとり紙

item-0044

最初に、あぶらとり紙として使用し始めたのは芸者さんみたいです。

常日、厚い化粧をしている芸者さんは、脂や汗は天敵だったので、

化粧崩れを起こさず、脂や汗を吸い取ってくれるあぶらとり紙は、

とっても重宝されてたのです。

そこから、多くの多くの女性の間に広まったのが始まりです。

今では、日常的に使用する化粧品の一つとして愛されています。

普通のあぶらとり紙で取ったはずの皮脂が、金沢金箔あぶらとり紙なら、
まだまだ取れちゃいます!

「きれいに取ったはずなのに?」金箔あぶらとり紙ならば、
まだ皮脂を吸い取って半透明にしてくれます。

女性には欠かせない、美へのこだわりから生まれた、
金箔あぶらとり紙です!

やわらかく皮脂を吸収してくれますので、多くの女性に愛用されてます。

化粧直しには、欠かせない金箔あぶらとり紙でした(^^♪

▼女性の綺麗でいたいのは永遠のテーマです!

一万分の一ミリの金箔を使った金箔貼りです。

若い人から、ご高齢の方まで体験頂けますので、

是非、金沢油とり紙 コットンを使ってみてください。

お土産としても喜ばれる高品質のあぶらとり紙です。

↓  ↓  ↓
 

■あなたも美肌に金箔パックの魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です