■高岡が生んだ伝統工芸銅器(富山)

■高岡が生んだ伝統工芸銅器(富山)

【国宝・瑞龍寺】 【高岡大仏】 春夏秋冬、違った景色を楽しませてくれる
雄大なパノラマでした。

【商人の町高岡】

[アクセス 富山 ⇒ 高岡 あいの風とやま鉄道線で17分くらい]

高岡は、昔ながらの商家の土蔵造りの家が、いくつも残っています。

土蔵造りの家の中でも、菅野家が一番完璧な状態で家屋が保存されてました。

土蔵造りの町並みを見るなら、まずは、菅野家を見ることをおすすめします!

■がっちりマンデー!!

【高岡銅器】

日本で作られてる銅器の生産額の約95%を占めているみたいです。

銅像などの細かいものから、梵鐘などの大きい作品まで造るので、

その鋳造技術は、全国的に知られてて有名です。

また、高岡市内の中心市街地、高岡古城公園、金屋町などの各地で、

高岡銅器の銅像の作品を見ることができて楽しいです。

ドラえもん  高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

街角を歩いてると、公園、学校など、各地で見かける銅像は、

同じ街(富山県高岡市)でつくられています。

高岡市では、銅像づくりが盛なので、全国の銅器生産の9割を占めてます。

小学校の二宮金次郎から、アニメ(キャラクター)の銅像まで色々です。

東京の桜新町駅前にあるサザエさんや、鳥取にある水木しげるロードの

ゲゲゲの鬼太郎の像なども、ほとんどが高岡からみたいです。

高岡駅の側にあるあるドラえもんの散歩道には、

ドラえもんの仲間たちのキャラクターたちともお目に書かれます。

ドラえもんフャンにはたまらないですね(^^♪

漫画家の藤子・F・不二雄さんは、高岡市出身です。

代表作 「ドラえもん」は、2112年9月3日に誕生しました。

ドラえもんトラムはドラえもんの「生誕100年前」を記念して、

2012年9月頃に、運行を開始したそうです。

藤子氏の故郷でもある高岡から、藤子氏が漫画を通じて、

子供たちに、夢・希望・友情・勇気・大いなる好奇心を、

全国に向けて発信し、未来に伝えていきたいとの思いから、

(株)藤子・F・不二雄プロのご協力を得て実現したものです。

また、車内外には、ドラえもんのキャラクターが描かれてるので、

人気なドラえもんトラムとなってるみたいです(^^♪


2014高岡市観光CM長編 日本語版 YouTubeより

【万葉の里高岡】

万葉の里高岡からご紹介致します。

道の駅「万葉の里高岡」に立ち寄れば、おみやげがたくさん!

商品アイテムの数は何と、2,000点もあります!

道の駅「万葉の里高岡」は、数々のイベントを開催してるので、
たくさんの人で賑わっており、楽しくお買い物することができます。

フードコートも、120席ありますので楽しくできました。

味噌汁が飲み放題の特典ありましたので、満足できました!

ぜひ、お気軽に立ち寄ってみたらいいですよ(^^♪

■万葉の里高岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です