20代から脳の老化が始まっている

物忘れは集中力が足りない!



物忘れしない方法

ネットの勉強をしていて、どうも物忘れが多いので、
心配だと思うことはありませんか‼

人によっても違ってっ来ると思いますが、
年をとってくると、ちょっとした物忘れもありますが、
頻繁に忘れてしまうのは何か原因があります。

また、脳は20代から老化が始まるとも言われています。

今回は、「物忘れが激しい」と思われる方に、
いくつかの対処のポイントがあります。


ワーキングメモリ

一時的に覚えた記憶(ワーキングメモリ)があります。

たとえばテレビでみた事は、一時的に覚えますが個人に
よっても違いますが、年齢とともに低下していきます。

例えば、人と話をするとき、相手の話を記憶するように
聞くようにすると、脳力をアップするようになります。

イメージを画像化

たとえば、犬小屋を作るとき、「のこぎりを取りに行く」
行動をとる前に「のこぎりを取って板を切るところ」を
イメージします。

これを繰り返すことで、少しずつ効果がでてきます。

余計なことは覚えない

ただ聞いただけでは忘れますので、積極的に覚えることです。

シャーロック・ホームズの言葉

「記憶は引き出しのようなもので、無駄な知識を入れると
重要な知識が入らなくなる」
という言葉がありますが、
確かにそうだと思いました。

重要でないことは、記憶しておく必要はないということです。

もちろん、時間とともにだんだんと忘れていきますので、
大事なことは、メモを残すことも大事になります。

重要でないことを覚えようと、時間の無駄にもなり
もったいないです。

なので、何が大事ななのか、見き分けることが大事です。

そうして物事を忘れない訓練をしていきましょう。

私も最初は、これもあれもと関係ないことも覚えようと
してましたから…

あなたの覚えやすい方法と、集中力が大事になります(^^♪

早く結果を出すことが重要!